痛みについて

痛風は体に尿酸が溜まって結晶になる事で発生する病気で、主に足の関節が腫れて激しい痛みを起こす病気です。 名前の通り風に吹かれても痛いというほどの強烈な痛みの発作を起こすもので、完治が非常に困難な病気のためしっかりとした予防をする事が大切です。 痛風は主に肥満気味の人やアルコールが好きな人に多いとされており、特にビールや魚、肉等の様なプリン体が多く含まれたものを好んで摂取する人が掛かり易い病気です。 痛風の予防で最も基本的な事は食生活の改善と適度な運動です。 食生活の改善、と言っても重要なのはプリン体の摂取を控える事であるため、イワシや鶏肉といった一見健康に良さそうな食べ物にもプリン体は多く含まれているため注意が必要です。 また、運動もすればするほど良いと言う訳ではなく過度な運動は尿酸値が上昇してしまい逆効果となります。適度な運動を継続する事が大切です。 また、ストレスも尿酸値を上昇させてしまう大きな原因です。適度にストレスを発散する事も予防の上では欠かせない事です。 これらの予防法はいずれも健康な生活を送るためには欠かせない事です。 痛風を予防する事はそのまま健康的な生活を手に入れる事に繋がります。

昔は痛風は贅沢病や皇帝病と称される事も多く、贅沢な暮らしをしている人が掛かる病気だとされてきました。 確かに痛風の原因は乱れた食生活や運動不足に多いので予防する事がそのまま健康な生活を送る事にも繋がりますが、中には尿酸が溜まり易い体質を持っている人もおり、その様な人は例え健康的な生活を送っていても痛風に掛かってしまうことがあります。 現在では尿酸値の高さは病院で測ってもらうことが出来、痛風に掛かりやすい体質の方は薬によって尿酸値を管理する事もできます。 また、サポニンやアンセリンといった血流を改善して尿酸値を下げるための成分やもう一つの痛風の原因とされている活性酸素を抑制する成分も発見され、痛風を予防するためのサプリメントも存在しています。 健康習慣の改善のほかにもそれらを使用する事により、更に万全な予防をする事が出来ます。